コインニール上場リスト/暗号通貨一覧

コインニール上場リスト

本記事は、コインニール部のCONEAL上場通貨に関する内容となります。

全ての通貨を網羅していませんがご了承ください。コインニールは約750万人のユーザーが登録しているとあって、板がとても厚くスプレッドも狭いです。私はトレードが苦手なのであまり触れませんが、トレードしやすいだろうと思います。

Beam Updates from Coineal

目次

コインニール上場 暗号通貨一覧

COINEAL(コインニール)通貨数、通貨ペア数

コインニール取扱通貨は、公式サポートセンターで確認しましょう。

「CoineMarketCap」「CoinGecko」「Coinhills」などの暗号資産(仮想通貨)ベンチマークサイトで大まかな情報は把握できますが、APIから取得している情報の中で未検証リストがあったりするので、ディテールは散らかっています。

コインニールでの上場通貨数、通貨ペアもサイトにより異なります。例えばサッと拾えるCoinGeckoだと「35通貨 64通貨ペア」(2020.11.7現在)と記載されており、Coinhillsだと「56通貨、70通貨ペア」(2020.11.7現在)と記載されています。

私が公式サイトにて目視でカウントすると「41通貨、57通貨ペア」でした。まあ上場数とか気にしても仕方ないですし、外部のポータルサイトは所詮はベンチマークサイトですから、なんとなく今の業界全体像や雰囲気を見る程度に留めてあまり信用しないほうが無難だろうと思います。

従って、以下に埋め込んでいるCoinGeckoのウィジェットも全てを網羅していません。

Coineal Token(NEAL)について

Coineal Token(NEAL)概要

2018年に立ち上げられたCoineal(コインニール)は、ブロックチェーン事業者、暗号通貨の投資家、中国と韓国の技術者によって設立されました。 業界をリードする暗号資産取引プラットフォームを構築し、安全でプロフェッショナルで便利な暗号通貨ウォレットサービスをユーザーに提供することを目的としています。

Coineal(コインニール)は2018年6月にプラットフォーム通貨としてNEALトークンを発行しました。チームによると、プラットフォームの手動取引で発生した料金の80%は、定期的にNEALを買い戻し、燃やすために使用されました。 NEALのユースケースには、取引手数料の削減、NEALへの参加、および特別な権利が含まれます。

上記の手数料優遇やオプション権利は、現在は中国マーケットのみに限定されますので、我々がNEALを保有するメリットはありません。(2020.11現在)

コインニールのNeal Token
NEAL

コインニール最新リスティング情報

COINEAL(コインニール)の取引所としての基本機能

リスティング銘柄が多くて好きな通貨がラインナップされていたとしても、使い勝手は悪かったら意味ないですよね。その点、コインニールの板は使い勝手が良いほうです。普通にさくさく取り引きできます。

これ当たり前のことだと思う人いるかもしれませんが、新興の取引所は結構酷い事例がありますから。

まず通貨ペアを選んでパッと板が変わるか、スプレッドが異様に広くないか、未約定取引が多くないかとか色々なチェックポイントがあると思いますが、コインニールは快適です。だからどんどん上場銘柄(リスティング銘柄)を増やしてほしいです。コインニールは手数料も安いです。

【用語解説】スプレッドとは、買値と売値の差額のことで、実質手数料の一つです。

コインニール上場の瞬間の勝機

新規上場の瞬間は以前はよくバイナンスで狙ったものです。瞬間的に上髭を付けますから勝負は一瞬なんですよね。でもICOも参加することは無くなりましたし、不確か過ぎて負け越しましたから、いつしか狙わなくなりました。

コインニール・ローンチパッド(Coineal Launchpad)

コインニール・ローンチパッド

コインニールには、コインニールローンチパッド(Coineal Launchpad)というICOプラットフォームが存在します。
従来のICOの取引所版なので、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin offering)ではなく、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)という名称になっています。

スキャム(詐欺)や資金の持ち逃げ等が問題になったICOの解決策として、取引所がプロジェクトの精査を行うので安心してくださいという訳ですが、ICOもIEOも懲り懲りと思ってる人も多いですし、触らぬ神に祟りなしでしょう。

直近だと10月30日にTRC(TRICH)というTRX(トロン)基盤のオンラインゲームサイトのトークンが販売されたようです。

TRC(TRICH)
TRC(TRICH)

う~む、やはりIEOも魔界の匂いが強いです。

COINEAL(コインニール)トークン上場廃止基準

コインニールでは、投資家保護の観点から上場トークンの再評価と上場取り消しの権利を有しています。トークン上場廃止の基準は下記になります。

  • プロジェクトチームから上場廃止の申し出があった場合
  • プロジェクトで重大な法的問題が発生した場合
  • 時間内に解決されない深刻なテクニカルまたはセキュリティの問題が発生した場合
  • 15営業日連続で取引量が10万ドル未満だった場合
  • 情報開示における深刻な不正行為が発覚した場合
  • トークンをトランザクションに適さないようにするその他の状況に陥った場合

COINEALでは、上記のいずれかに該当する場合、5日前に上場廃止を発表し、ユーザーに対してウォレットから資産を転送するための30日間の猶予期間が与えられます。

直近だと、2020年12月14日取引停止、2021年1月14日出金停止で、12銘柄(XUSB, DERA, ETHP, SW, IZI, TEP, NGT, NGV, BRC, FN, OMG, EST)が上場廃止になるお知らせがありました。

コインニール取引所の上場選考プロセスにユーザーが参加

近い将来的にユーザーが上場選考プロセスに関与できるようになるそうです。新設されるポイント制度があり、ポイント消費による投票が可能になります。

自分が投票した銘柄が上場するとエアドロップが貰える特典もあるそうです。「エアドロップ」は廃れた単語で懐かしいですね。3年ぐらい前かな。エアドロップおじさんとかのツイートを毎日チェックして参加してました。エアドロップで無料で貰った通貨が数十万円の値を付けた事もありましたが、DEXでの出来事で一切売れませんでしたよ。このような経験が今に活かされているかどうかは疑わしいですが、普遍的な楽しいイベントです。

あわせて読みたい
コインニール とは?
コインニール とは?コインニールとは?ユーザー数、利用国数、公式情報、アプリ情報、日本語対応等の基本情報。コインニールはこんな人に向いているチェックも。
コインニール とは?

Coineal CNV/USDTチャート
  • CNV(Coineal Value Coin)マイニングプロジェクト
  • 2020.9.24に上場価格$2→$93(12.27)→$20(2021.2.20)
一般投資家が小額参加できるクラウドマイニングで、インカムゲイン(配当金)が30分毎に付与され、半減期があり、収益の75%をバイバック&バーンするトークン設計です。
コインニール上場リスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる