コインニール事典 wiki

コインニール事典 wiki

本記事は、コインニール部のwikiに関する内容となります。

スポンサーリンク
目次

コインニールwiki:監査

コインニールの監査は、一般的な監査法人ではなくブロックチェーンを使った監査チェーンを使ってるようです。

分散型継続的監査およびレポートプロトコルEcosystem™

Auditchainは、デジタル資産と企業の保証と開示のための世界初の分散型継続的監査とリアルタイムの財務報告プロトコルエコシステムの開発をリードしています。 Auditchainは、公認会計士と公認会計士のネットワークによる、エンタープライズシステムと制御、財務データ、および開示制御環境の継続的な外部検証を可能にします。 DCARPEアライアンスは、公認会計士、公認会計士、エンタープライズソフトウェアプロバイダー、およびDCARPE保証および開示プロトコルの開発にリソースを提供し、採用を推進している開発者で構成される会計、監査、および財務報告のコンソーシアムです。 Auditchainを使用すると、企業は、分散型のコンセンサスベースの企業外部検証を通じて、利害関係者に最高レベルの保証を提供できます。

COINEAL JOINS DCARPE ALLIANCE – PARTNERS WITH AUDITCHAIN

私自身、直近で財務デューデリジェンス(DD)に関わったことはありますが、事業成長に透明性は欠かせないです。AuditchainのDCARPEアライアンスは、会計、監査、財務報告、法務、投資、ブロックチェーン、学術コミュニティのメンバーのグローバルコンソーシアムということで、このコンソーシアム自体が機能しているかどうかは把握できないものの、また気が向いたらウォッチしようと思います。

コインニールwiki:成り立ち

コインニールは韓国と中国が共同で設立したグローバル暗号通貨取引所で、セーシェル共和国の法人として登録されています。

経験豊富なブロックチェーン投資家と専門家により、2018年初頭に共同設立されたコインニールは、国際化とローカリゼーションが重要と考え、中国、日本、韓国、ベトナム、ロシアにオフィスを構えています。

コインニールは、韓国と中国の合弁資本によって設立された暗号通貨取引所で、現在、世界トップレベルの取引量を維持しています。

設立当初は、中国・北京に本社を置いていましたが、前述のとおり現在はセーシェル共和国で登記されています。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、30以上の暗号通貨を取り扱っています。

コインニールの中国代表はChen Junhong氏で、韓国代表はガオ・チンミン氏です。日本代表はお馴染みのWoo Jongho氏です。多くの方からウーさんと呼ばれて親しまれています。

※文献が更新されているか不明のため、現在とは情報が正しくない場合があります。ご了承ください。

コインニールwiki 創業者

コインニールwiki:取引所のボードメンバー

コインニール資産取引プラットフォームは、中国と韓国が共同で設立したグローバル暗号通貨取引所で、毎日のように暗号通貨取引情報を提供しています。(日本のユーザーはあまり気に留めてないようです。)

コインニールの中国代表はChen Junhong氏で、韓国代表はガオ・ジンミン氏、米国上場ディレクターはOleg Poskotin氏です。

Chen Junhong氏の人物紹介

元テンセント、Gridsum製品ディレクター、元K2VCファンドブロックチェーンおよび暗号通貨ビジネスディレクター。2014年よりスマートハード製品会社を設立し、Mytoken、Jinxi Chaijing、BitPayウォレットなどに投資し、暗号通貨に興味を持つ。EOS、IPFS、Kyber、Enigma、Genaro、0xproject、OmiseGO、Status、Cybermilesなどのトークン販売に個人的に関与しています。すべてのスポーツチェーン(SOC)の開発を促進し、HuaweiとOKexで同時に市場に投入しています。

コインニールは、ユーザー満足度を第一に考え、ユーザー中心の運用およびマーケティング戦略を実施するために、24/7(24 hours/ 7 days a weekの略語で、年中無休を表しています。)で運営しています。

コインニールは、安全でプロフェッショナルで便利な暗号資産取引環境を継続的にユーザーに提供するために、世界中で高い評価を得ています。

同時に、コインニールは、元々、中国や韓国で最も影響力のある暗号通貨資産交換業者です。(2019年4月現在のwikiサイトの記載です。)

コインニールは40カ国以上で750万人のユーザーを持ち、1日1,000憶円から2,600憶円以上の取引高があります。

(2020.11.26追記)本日は取引量3,200憶円を突破しました。

コインニールwiki 取引所

運営メンバーの皆さんの紹介ページ

Chen Junhong氏

ガオ・ジンミン氏

Oleg Poskotin氏 – Chief Executive Officer at EssenFlow

Woo Jongho氏

Oliver Ko氏 – Coineal Exchange Global CEO

Coineal ExchangeのLinkedin

コインニールwiki 運営者

コインニールwiki:優位性

グローバリゼーション

コインニールは韓国と中国にオペレーションセンターを持ち、日本、シンガポール、米国、ロシアにも担当を置いています。

セキュリティ

コインニールの技術チームは、暗号化業界で豊富な経験を持っています。コインニールは、強力なDDoS保護システムと分散アーキテクチャに基づいて、業界をリードするセキュリティ管理システムを構築しています。

流動性

コインニール国際投資顧問チームは、豊富なグローバルリソースと幅広いアライアンスパートナーを持ち、プラットフォームに優れた流動性を提供します。

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーにより良いサービスを提供するために、コインニールは iOS、Android、H5、PC Web などの複数のプラットフォームからのアクセスをサポートします。コインニールの多言語取引インターフェースは、英語、中国語、日本語、韓国語など、世界中の主要言語をサポートしています。

共有ボーナス

コインニールはパートナーやユーザーと利益のほとんどを共有します。コインニールは、より多くの利益を得るために、ユーザーが他のどの取引所よりも多くの利益を得るために努力しています。

コインニールwiki 優位性

コインニールの基本情報を知りたい方は、コインニールの概要をご覧ください。

コインニールCNVマイニングプランに参加される場合、コインニール部の招待者コードを入力すると5,000円分の仮想通貨をプレゼントします。くわしくはキャンペーン参加フローを確認してください。

コインニールwiki:インカム

真面目な話、将来的にお金が足らないのは明らかなので、投資により資産を増やす必要がある人が大多数ではないでしょうか。

インカムとかキャピタルとかの収益を得ようとすることは、雲を掴むような話でも夢物語でもなく、将来に備えるためにも重要なタスクと捉えるべきでしょう。インカムだからって安定するとも限らないし、キャピタルにもリスクがつきものだし、元手に対して、年率何パーセント必要なのか、何パーセントの平均利回りが必要なのかは早めに試算するほうが良いでしょうし、とにかく備えましょう。

目標の下限を決めてそれを下回るようなら損切りして他商品に回すほうが良いシーンも多々あるでしょうし、常に視野を広く持ち、収益の分散化を進めたいものです。そういった観点でコインニールのインカムには期待したいです。

コインニールwiki:ブレイクしたきっかけ

コインニール(COINEAL)が躍進して有名になった要因の1つとして確実に言えるのは、マイニングシティ(MINING CITY)でマイニングができるビットコインボルト(BTCV)を取り扱う数少ない取引所だからです。

ところが、コインニールがBTCVのトークン設計や報酬体系の仕組みなどをパクッて捨てて、コインニールバリューコイン(Coineal Valeue Coin)のマイニングプランを作ったものですから、MINEBEST社が大激怒しているとの噂が界隈を駆け抜けたのでした。

上記の捨てたという表現は不適切かもしれませんが、明白な事実として残っている事象があるように思われています。

それは、CNVプロジェクト管理者が、BTCVのマーケットメイクの実績を謳い文句にしており、BTCVのユーザーをあからさまに奪ったからだと言われています。もちろん真実は私にはわかりませんが、あくまでも界隈で囁かれている噂話として聞き流す程度で消化してください。

コインニール事典 wiki

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる